自動車のナンバープレートの意味とは

こんにちは!神奈川県相模原市の中古車販売店 K’s PLUSです。

ドライブ中にたまに話題になる自動車のナンバープレートの意味についての話です。

ナンバープレートの中には「地域名」「分類番号」「ひらがな」「一連指定番号(1〜9999)」の4項目が書かれてあります。

地域名

・管轄運輸支局・自動車検査場を表す地名のこと

神奈川県ですと「横浜」「相模」「湘南」「川崎」などがあります。
ナンバープレートにこだわる方の中には、好きな地名にするために住む場所を選ぶ方もいらっしゃいます。

分類番号

・2桁または3桁の数字
・自動車の種別、及び用途による分類を表示

自動車の種別や用途によって2~3桁の数字が自動的に決められております。
この数字は一連指定番号(ナンバープレートの1~9999の4桁以下の数字)のように、希望の数字を選ぶことはできません。

ひらがな(ローマ字)

・普通自動車、事業用、自家用などの区別のための表示

ナンバープレートの中には、平仮名(またはローマ字)が一文字入っています。
米軍基地が近くにある地域ですと、「Y」などのローマ字のナンバープレートもよく見かけると思いますが、駐留軍人用車両 のナンバーです。

レンタカー屋さんに行くと、ナンバープレートのひらがなは「わ」や「れ」になっています。

ひらがながどのように分類されているのか下にまとめました。

自家用車 → 「さすせそ たち てと なにぬねの はひふほ まみむめも やゆ らりるろ」
レンタカー → 「わ れ」
事業用車 → 「あいうえ かきくけ を」
駐留軍人用車両 → 「よ EHKMTY」

使われていない平仮名もあります。「お、し、へ、ん」の4つです。
使われない理由は以下のとおり。

「お」→「あ」と混同する
「し」→ 死を連想させる
「へ」→ 屁を連想させる
「ん」→ 読みづらい

一連指定番号

・1~9999までの4桁以下の数字。

希望ナンバー制が1999年から有料で導入されており、1~9999の中で好きなナンバーを選ぶ方もいらっしゃいます。
「1」「777」「8888」などの人気のナンバーは抽選になっています。

当店でもお車のご購入の際に希望ナンバーになるように手続きをすることができます。

まとめ

ドライブ中に前を走っている車のナンバープレートの地域名を見て「遠くから来た車なんだな」とか、思いをはせることもあるかと思います。

私共の周りの方々を見ていると、希望ナンバーのお車も多いです。
車を買い替えてもいつも同じナンバーだったり、商売をされている方ですと縁起のいい数字(1、8など)を選んでいる方もいます。

プライバシーを気にされる方は、周りの人から覚えられやすい希望ナンバーは避けていると聞きます。

ナンバープレートも車の楽しみ方の一つのようです。

 

※参考リンク 「一般社団法人 全国自動車標板協議会」