カーセンサーに登録する車両の撮影風景

こんにちは!神奈川県相模原市中央区田名の中古車販売店K’s PLUS(ケーズプラス)です。
今日はカーセンサーに登録する車の撮影風景をご紹介します。

当店では在庫車両の宣伝にカーセンサーを採用しております。
買取を行った車両の中から厳選して掲載しております。

ハイエース。細部まで綺麗にします。

買取を行った車両はエンジンや足回り、電装品などの点検、車の中と外の清掃を念入りに行います。

販売の準備が整った車両は、カーセンサーに掲載するために写真を撮ります。

車両撮影用、オリンパスのカメラ。

車両の販売用の写真は車の細部がなるべくはっきりと見える時間帯に行います。
暗くても直射日光が強すぎても、お客様に伝わる写真が撮れません。

梅雨に入ってから、雨の日が多くて撮影の時間も限られてしまってちょっと大変でした。
撮影中に小雨が降ってきたり…。

ステラカスタム、撮影中。

車の外と中を撮影します。

内装も撮影。

撮影が初めての人だと、良いアングルを見つけるのが大変かもしれません。
写真の中に見せたい部分が分かりやすく写るように気をつけます。

遠方で現車確認ができない方のためにも、実際の車両の状態が伝わりやすいように撮影します。
車の状態が実物よりもきれいに写ってしまってもダメなのです。

 

必要な写真をたくさん用意し、パソコンに取り込んでカーセンサーに掲載する写真をしっかり確認します。

カーセンサーには写真と共に車両の情報を入力します。
間違いがあっては大変なのでスタッフ同士で内容を確認し合います。
例えばナビが付いていないのに、付いていると書いてしまって売ってしまったら大問題です。

 

こうやってカーセンサーへの掲載を行っています。

掲載車両の質問、現車確認はお気軽にどうぞ^^

当店のカーセンサーのページはこちら