【車の車検対応カスタム】手軽なマフラーカッター!取り付け簡単!

こんにちは!神奈川県相模原市中央区田名の中古車販売店K’s PLUS(ケーズプラス)です。

今回は初心者でも簡単に車のマフラーをドレスアップできる、マフラーカッターの話です。

マフラー(排気管)とは出口部分だけを指すのではなく、排気ガスを放出するためにエンジンから車体後部の出口まで車体の下に取り付けられている長い金属の筒全体を指します。

マフラーカッターはマフラーの出口に取り付けます。

マフラーカッターはマフラーその物を取り替えるよりもはるかに安価で取り付けも簡単ですので、出口の外観だけ手軽に変えたい方にはオススメです。

※記事内の商品画像は文章の内容がわかりやすいように一例として掲載しております。商品画像をクリックすると販売サイトへ移動します。

マフラーカッターとは

マフラーカッターとはマフラーの出口に装着して使います。出口部分以外は触りません。

素材はスチール、ステンレス、チタンが代表的です。

見た目も純正より自分好みにでき、車を後ろから見た印象も変わります。
汎用品から車種指定の物まであります。デザインの種類も豊富です。チタン、チタン風(本物のチタンは高価なので…)は人気商品のひとつ。マフラーカッターの出口が2本に分かれている物もあります。
金額も1000円代〜1万円を超える物まで様々。

マフラーカッターの欠点は「マフラーカッターをつけてる!!」とバレやすいところ…。気にしない方は全く問題ないのですが、マフラーその物を交換している人達に囲まれていると突っ込まれることもあります。(体験談)
マフラーカッターだとバレにくい商品もあります^^
購入の際は、純正マフラーの形状がマフラーカッターに対応しているか確認し、外径も測ってから購入してください。

あと、購入前に確認しておくのは取り付け方法です。自分で取り付ける場合、必要な工具や取り付けができそうな難易度かも確認しておくことをオススメします。

取り付けは基本的に簡単!

マフラーカッターは初心者でも簡単に取り付けできるものが多いです。作業中はくれぐれもエンジンは切っておいてください。排気ガスにやられます!

マフラーカッターは工具を用意しなくても取り付け可能な物もあります。
工具が必要な場合も、ドライバースパナなど、ホームセンターやカー用品店、工具屋で簡単に手に入る物になります。

なお、しっかり固定していないと走行中にマフラーカッターが落下して後続車が大事故を起こす危険性があります。不安な場合はお店や詳しい人に確認してもらうことをオススメします!

車検に通らないケースも有!

マフラーカッターを適切な位置にしっかりと固定できれば、車検は通ります。
車高を下げている場合や社外マフラーにつけている場合は、特に注意が必要です。

固定が甘かったり、マフラーカッターの一部が最低地上高9センチを下回っていたり、リアバンパーから大きくはみ出していると車検に通りません。

マフラーカッターの先が尖っていたり危険な形状の物も車検に通りません。と言っても、そんな商品はまだ見たことがない気がするのですが…。

当店での対応

当店でマフラーカッターの取り付けは可能です。(有料)
お持ちいただければ対応いたします。

車検に通らなくなる場合はお受けできませんが、純正車高、純正マフラーの車両にカー用品店で売っているような物を取り付ける場合、サイズや形状が合っていればほぼ問題はないです。

ガレージ