車検に必要になる書類!なくさないで!

こんにちは!神奈川県相模原市中央区田名の中古車販売店K’s PLUS(ケーズプラス)です。
うっかり紛失しやすい車検の際に必要な書類についてお伝えします。

必要な書類は車検証入れなどにまとめて入れておくことをオススメします。

【必要な書類】

■車検証(自動車検査証)
■自動車税納税証明書(または軽自動車税納税証明書)
■自賠責保険証明書(自動車損害賠償責任保険証明書)

車検証(自動車検査証)

車検証(自動車検査証)は車を運転する時は、必ず車の中に入れておかないといけません。

万一紛失した場合は再発行できますが、車検証がないと車を使えませんので失くさないようにしてくださいね。

自動車税納税証明書(または軽自動車税納税証明書)

自動車税納税証明書(または軽自動車税納税証明書)は、毎年4月1日時点で自動車を所有している人に送られてくる自動車税の納付書で支払うと、手元に残る証明書です。

納付書は毎年5月上旬に送付され5月31日までに支払います。(一部例外あり)
万一、支払うのを忘れると遅延金がかかります。

この自動車税、毎年払っていないと車検は受けられません。

また、自動車税を払ったのに証明書を紛失してしまうケースも少なくありません。

紛失した場合は、自動車税納税証明書の再発行ができますのでご安心ください。
また、自動車税の納付をうっかり忘れていても、車検の時に遅延金と共に収めることができます。

余分なお金がかかってしまいますので、期限内に税金を納めて、証明書をしっかりと保管しておくのが一番です!

自賠責保険証明書(自動車損害賠償責任保険証明書)

自賠責保険証明書はその名の通り、自賠責に加入している証明書になります。
自賠責は任意保険とは別の強制加入の保険で、交通事故の被害者の救済を目的としています。

車検の時に、次の車検の日までの分の料金を納めます。支払った証明書は次の車検の時まで大事に保管しておいてください。

どこかのお店で車検を申し込む場合は「現在有効な自賠責保険証明書」を用意してください。お店が新しい証明書の発行を行います。

また、事前に損害保険代理店で新しい証明書の発行を行っても構いません。その場合は「現在有効な証明書」と「新しい証明書」の2つをお店に渡してください。

自賠責保険証明書も紛失した場合は再発行が可能です。

 

ガレージ